上原建設の1日

施工管理職(現場監督)とは?

工事現場のまとめ役として、様々な管理業務を行います。主な管理項目は下記となります。

1.品質 ~Quality~
設計図、現場状況などから修正する点を見つけ、最善の品質を確保する
2.予算 ~Cost~
予算と品質を両立できる計画を立てる
3.工程 ~Delivery~
気象条件や季節を考慮したスケジュールを組み、納期までに構造物を完成させる
4.安全 ~Safety~
現場の点検、安全な作業、作業員や地域住民への声掛けを通し、関係者の生活を守る
5.環境 ~Environment
自然環境を考慮した工事を行うことや、職場環境の向上に取り組む

ある施工管理職(土木工事現場監督)の1日

7:30 出社

出社後は、コーヒーを飲みながらスタッフ同士での談話タイム。その後、現場へ移動します。

8:00 朝礼・業務開始

朝礼では、当日の予定を現場スタッフ全員で確認します。現場監督は、安全作業を監視するほか、工事状況の撮影、図面など書類作成を行います。

10:00 午前 休憩

30分程度の休憩後、業務を再開します。

12:00 お昼休憩

昼食をとります。

13:00 打合せ

スムーズかつ正確に工事を進めるため、発注者(仕事の依頼主)や専門工事業者、資材納入業者などと打合せを行います。

15:00 午後 休憩

午前休憩と同様です。翌日以降の段取りを組むため、作業スタッフなどとミーティングを行います。

16:00 状況確認

作業の進捗状況、安全作業を監視します。

17:00 業務終了

一日の業務をまとめます。日報を記入、翌日の準備、確認を行った後、退社します。

求人採用のエントリーはこちら

募集要項/エントリー